あなたと世界の距離を縮めます

お仕事の依頼はこちら

講師派遣

 
  2018/07/14

学校から世界のミカタを考える会では、学校や自治体、企業、各種団体などの講演会や研修会などに講師を派遣しています。

 

あのー、ここで研修の講師を派遣してもらえると聞いたんだが…。

おじさん

どういった研修を依頼するつもりなんだ?

怪しい人

それが、なかなかどうお願いしたらいいのか分からなくて…。ぼやっとしたイメージはあるんだがのう。

おじさん

なるほど、それでは「相談」からしてみたらどうだ?

怪しい人

でも、「相談」にもお金がかかるんでしょ?

おばさん

講演や研修の依頼を目的とした「相談」の場合お金はかからないぞ。

怪しい人

ポイント1
講演や研修内容を決めるための「相談(移動を必要としない打ち合わせ)」は無料です。

 

まずは、ご相談ください。

例えば学校からの場合、

「児童や生徒に日本以外の外の世界についても意識を向けて欲しい」

グローバル人材の育成を考えている機関からは、

「先生向けの国際理解教育(開発教育)を実施するための研修をしたい」

自治体からは、

「地域の国際化に対応できる人材育成をしたい」

企業からは、

「経営する上での視野を広げたい」

などなどこれまで様々な相談を受けてきました。

 

でも、何を相談したらいいのかわからないから…

おじさん

「何を相談したらいいのかわからない」と相談してみてはどうだ?

怪しい人

ポイント2
ぼやっとしたところから作り上げるから、「いい研修」になるのです。

 

これまで受けてきた相談の多くが、「担当になったものの、どうしたらいいのかわからない」というところからスタートしました。上に挙げた学校や自治体、企業などからの依頼についてもよく読んでみれば具体的なようでそうではないぼやっとした相談であることが分かるかと思います。

安心してください。きっとあなたが担当する研修はいい研修になりますよ。「わからない」というのは「考えている」からです。

一緒に、誰に学んでもらいたいのか、何が課題なのかを振り返ってみましょう。

おそらく、相談をするためのメールを打つ中で何かが具体的になっていくのを実感すると思います。

子どもや市民、団体向けの話だけでなく、職員研修などについても対応しています。

これまでに小中高、大学、看護学校、専門学校などの教育機関はもちろん、生涯学習センターなどで子育て世代の方や、高齢者まで様々な人や団体を対象に講演や研修、ワークショップを行っています。

テーマとしては「ESD」「国際理解」「異文化理解」「平和教育」はもちろんですが、「ファシリテーション」「コミュニケーション」などをキーワードに話し方や人の受け入れ方などについての講演・ワークショップなども対応しています。また、キャリア教育の一環として世界の話をすることもできます。

最近の講演・研修・ワークショップ実績

主催事業ではなく、外部から依頼があって実施したものだけを記載しています。

掲載していない細かい実績は別にお問い合わせください。

実施日 内容(タイトル) 依頼元 備考
■2018年
9.10 博多高等学校(看護科) ナイチンゲール記念講演会

「看護とは何か?いかに善く生きるか(仮題)」

博多高等学校(看護科) 予定
9.2 出前講座スキルアップセミナーin熊本

聞き手を社会課題解決行動に向かわせるための「伝え方講座」

JICA九州(熊本) 予定
8.3 平成30年度国際理解教育推進事業

事例発表会〜はじめの一歩 講師との出会いの場〜

「国際理解教育を通じて感じること」

福岡県国際交流センター(こくさいひろば) 予定
7.15 広川町APCC関連事業

文化体験イベント「コスラエの日曜日」

広川町役場

広川町国際交流協会

予定
7.10-15 広川町APCC関連事業

日本ミクロネシア国交樹立30周年記念写真展

広川町役場

広川町国際交流協会

写真提供
6.11 広川町APCC関連事業(日本ミクロネシア国交樹立30周年記念)

「ミクロネシア連邦(コスラエ)ってどんなところ?」

広川町役場

広川町国際交流協会

予定
6.2 宮崎学園中学・高等学校

「SDGsで身近な問題を整理してみよう(仮題)」

宮崎学園中学・高等学校 予定
3.14 明治学園中学校

「貿易ゲームから世界のことを考える」

明治学園中学校
2.6 北九州市立萩ケ丘小学校

「未来は僕らの手の中」

北九州市立萩ケ丘小学校

福岡県国際交流センター

2.3 開発教育指導者研修in熊本

「実践編」として、中核的な指導者養成を視野に実施

 

 JICA九州(熊本)
1.26 熊本県高等学校保健研究協議大会

「高校生のみている世界」

〜世代間の健全なコミュニケーションのためのリフレーミングのススメ〜

熊本県高等学校保健会
1.16 福岡市立野芥小学校

「20分でどーしても伝えたい話」

福岡市立野芥小学校

福岡県国際交流センター

1.6 開発教育指導者研修in長崎  JICA九州(長崎)
■2017年
11.5

11.18

12.10

12.27

【全4回】

宗像おもてなしガイド研修

研修(学習)と、実践を併用したプログラムの企画から当日の講師、振り返りまでを担当

 宗像市
11.24 福岡市立多々良中央中学校

「海外生活で見えてきた国語(英語)、数学、社会を学ぶことの意味」

福岡市立

多々良中央中学校

10.26 八女日本語教室 よーら話そう 人権講話

「地域の日本語教室に期待されるもの」

八女日本語教室

よーら話そう

10.7 第25回ふくおか県民文化祭2017協賛事業
7th Nigeria Day「アフリカを歩く」
在日ナイジェリア人組合九州支部

福岡県国際交流センター

9.24 宗像国際育成プログラム

「モテる技術(対人コミュニケーション研修)」

宗像市
8.26 世界を知るための国際理解教室夏休み特別版

「平和の初耳学」

JICA九州

熊本市国際交流振興事業団

7.30 こくさいひろばカフェで世界一周 福岡国際交流センター
6.28 世界のミカタを考えよう

(ビジョン拡大のためのフォトランゲージ)

鳥栖商工会議所青年部
4.13

4.20

4.24

【全6回】

国際看護論

福岡看護専門学校
2.11 第2回

体験して学ぼう「ファシリテーション入門」

中間授業デザイン研究会

(中間市の教職員)

2.5 開発教育指導者研修in熊本 JICA九州(熊本)
1.29 開発教育指導者研修in鹿児島 JICA九州(鹿児島)
1.14 開発教育指導者研修in佐賀 JICA九州(佐賀)  
■2016年
12.10 体験して学ぼう「ファシリテーション入門」 中間授業デザイン研究会

(中間市の教職員)

11.27 むなかたガイド研修 宗像市
10.30 国際理解ワークショップ 地球市民どんたく

実行委員会

※メンバーは基本的に仕事をしながら本団体の活動に従事しております。依頼にあたっては日程の調整が必要になりますので予めご了承ください。

謝金・交通費などについては原則依頼元にお願いをしております

下記の連絡用フォームより、

お名前・ご所属・メールアドレスを記入の上、メッセージ欄に<実施予定場所・テーマ(仮)・対象年齢/人数・予算>などの必要情報を分かる範囲で埋めて送付ください。

確認次第、こちらから連絡をさせていただきます。

※PCからのメール受信拒否設定をされている場合は、ドメイン[@sekainomikata.com]からのメールが受信できるように設定をお願いいたします。(どうしても上手くいかない場合は、Facebookやtwitterなどからのダイレクトメールによるお問い合わせも受けております。お試しください)

※数日待って返信がない場合は、システムエラー等の場合があります。お手数ですが再度連絡をお願いいたします。

連絡用フォーム

Copyright© 学校から世界のミカタを考える会 , 2018 All Rights Reserved.