あなたと世界の距離を縮めます

お仕事の依頼はこちら

謝金等の計算方法

 
  2018/01/27

NGOってことは、依頼してもお金はいらないんですかね?

おじさん

残念ですが、原則お金はいただいています。

怪しい人

なんでですか?

おじさん

例えば、定食屋さんでランチをしたらその対価としてお金を払うのと同じです。

怪しい人

大前提として無料で実施はしておりません。

学校から世界のミカタを考える会は毎月の定例会と合わせて様々なイベントや研修、勉強会などを実施しており、特殊な場合を除いてそれらは無料で行なっております。無料で学びたい場合はそちらに足をお運びください。

いくらぐらいかかるんですか?

おじさん

時間や内容にもよりますが、時間あたり5000円ぐらいから10万円ぐらいの幅があります。
基本は講演会等であれば時間あたり1万円ぐらいと考えて予算を組んでいただければいいと思います。
研修(ワークショップなど)を伴う場合はもう少しかかります。

怪しい人

え?!ぼったくりじゃないのっ!!?時給1万円超えなんて!!

おばさん

そう言いたくなる気持ちはわかりますが、よく考えてみてください。打ち合わせの時間や、講演や研修の内容を作成する時間などを考慮すると、実はそんなに高い金額ではないのが分かると思います。

怪しい人

なるほど・・・そう言われてみればそうね。

おばさん

試しに、講演や研修の相場について検索をしてもらえば分かると思います。講演だけで5万円、研修になると30万円などが「安い」部類に入ります。

怪しい人

でも、それって大手人材育成企業の研修プログラムなどの金額でつり上がってるんじゃないの?失礼かもしれませんけど、やっぱりそういうしっかりしたプログラムとは違うんでしょ?

おばさん

いい質問ですね。「しっかりしたプログラム」ってなんでしょうか?確かに、しっかりしたプログラムを運営している人材育成系の企業はたくさんあります。しかし、しっかりしたプログラムは、実は「いいプログラム」ではないと私は考えています。

怪しい人

えっ?どういうことかしら?

おばさん

なんのために研修をするのでしょうか?
依頼をされる方や所属する組織に何か課題があるから研修をするんですよね?
「しっかりしたプログラム」というのは厳しい言葉で言い換えると「依頼主を無視した提供側にだけ都合のいい融通が効かないプログラム」です。
講演や研修内容は「依頼主によって必ず変化するもの」です。だから、「いいプログラム」は「しっかりしていないプログラム」といっても過言ではありません。そのゆらぎの中で参加者と一緒に気づきや学びを深めるのが「いいプログラム」です。

怪しい人

そうはいっても、世界のミカタさんも同じプログラムを使いまわしているんでしょ?

おばさん

いいえ。これまで同じ依頼主から前回と同じものをやって欲しいと言われた場合を除いて、同じ研修を実施したことはありません。同じものをやって欲しいと言われた場合であっても、前回の内容と参加者の反応、依頼主からのフィードバックを反映してマイナーチェンジを必ずしています。

怪しい人

なるほど。わしがこれまで受けてきた研修がどうしてつまらなかったのかが今回の話で少し分かった気がしたぞい。なんとなく、受けてみたくなってきたわい!

おじさん

ありがとうございます。世界のミカタの提供するプログラムの特徴は参加者の満足度の高さ、リピーターの多さです。ぜひ、ご依頼をご検討ください。

怪しい人

依頼主側に謝金規定がある場合は依頼のタイミングで規定額をおしらせください。原則、規定の中で実施させていただいております。

また、小・中・高等学校からの依頼で、前年度からの予算組みをしていなかったけれどどうしても実施したい場合などはご相談ください。

とにかく、よくわからないけれどまずは体験したいという方は、団体が主催するイベントや勉強会に足を運んでもらうこともできますし、お気軽にお問い合わせください。

お金のことを考えるのがめんどくさいぞ!

っていう方は大体の予算とイベントのイメージをお伝えいただいて、コチラからご提案させていただくこともできます。

 

Copyright© 学校から世界のミカタを考える会 , 2018 All Rights Reserved.